マイクロ波エナジーハーベスティングによる環境モニタリングセンサの開発

三谷 友彦
(京都大学 生存圏研究所 助教) ※現職 准教授

2012年9月12日水曜日

夏休みの自由研究

7月開催の「やさしい科学技術セミナー」にご参加頂きました同志社中学の生徒さん3名が、何と夏休みの自由研究で「マイクロ波無線電力伝送」についてまとめてくれました!同志社中学の先生から実際の自由研究の資料を頂いたのですが、本当によくまとめられていて驚きました。
セミナーがこのような形で発展することを知り、心から感動しています。本当に貴重な経験をさせて頂きました。あらためて感謝申し上げます。ありがとうございました。

3 件のコメント:

  1. 小倉(ジャパンプライズ)2012年9月13日 7:58

    私も送ってもらいましたっ!宇宙太陽発電棟も含めてすごく細かく丁寧に纏まっていてびっくりです。
    「まずやさしい科学技術セミナーを行なっているJapanPrizeとは?」といった書き出しで、こちらも要点がきちんと書かれていました。
    アンテナを自宅で作った生徒もおられましたね。試行錯誤改良を重ね、学んでいる様子がよくわかりました。
    セミナー当日、皆、カメラを持っている生徒さんが多いのだと驚いたのですが、こういうレポートを纏めようとしていたのですね。園田教頭先生の指導はすばらしい!!

    返信削除
  2. 小倉(ジャパンプライズ)2012年10月11日 15:29

    Facebookを拝見しました。京都特別講演のPRをありがとうございますっ!

    返信削除
  3. いえいえ、どういたしまして。山中先生がノーベル賞を受賞されましたので、世間のタイミングを見計らって本日PRさせて頂きました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

    返信削除